EC-CUBE 2020年 の振り返り

[313 views]

icatch

こんにちは。EC-CUBE Advent Calendar 2020 最後は、毎年恒例の今年の振り返りです。

2019年の暮れに経済産業省からEC-CUBEに関する注意喚起が発表され、EC-CUBEの店舗様をお守りするためのセキュリティ啓蒙と対策を全力で行っていくべくスタートした今年、2020年。それから早々に、コロナ禍という未曾有の状況が訪れ、今も先が見えないまま2020年が終わろうとしています。
そんな中ではありますが、ECを生業とするEC-CUBEだからこそできること、世の中に対してお役立てることを考え、行動してきた1年になりました。

何もかも変わっていったこの1年、関わっていただいた多くの皆様に感謝を込めて、改めて今年1年を振り返ってみたいと思います。

1月~3月

1月23日、まだコロナ禍に入る前に毎年恒例のパートナー新年会を開催しました。
キャッチコピーは「ワンツースーリーで、つながる・ひろがる・たかめあう」
今年はパートナー、コミュニティの皆さんと一緒により一層繋がりながらお互い高め合っていこう、そんなことを100名以上のパートナーと共有できた新年会でした。

この新年会から1年も経ってませんが、とても懐かしい感じがします。
今見たら、密ですね。早くこういった会をまた開ける時期が来てほしいと願うばかりです。

20200124
2020年パートナー新年会の様子はこちら

今年の1月、2月はセキュリティ啓蒙や対策を実施し、セキュリティチェックリストの配布や、セキュリティチェックリストベースで自動でチェックしてくれるツールの開発など、実施しました。
thumb_security_module_b_simple (1)

2月以降はコロナ禍となり、株式会社イーシーキューブは徐々にリモートワークに移行。2月末には政府方針に従い、完全リモートワークに移行しました。
そして、12月現在も、リモートワークを基本として業務を行っています。(以下画像リンクより、イーシーキューブのリモートワークの様子をご覧いただけます。)
remotework

4月~6月

世間も自宅待機一色となり、それに伴い、ECの活用が急激に高まったのがこの春以降だったと思います。
EC-CUBE店舗の売上のみならず、EC-CUBEでのサイト構築需要も急速に高まり、ダウンロード数の増加、ec-cube.coの申込数の増加、そしてオーナーズストアでのプラグイン売上も過去最高を記録するなど記録的な時期になりました。それ以降、現在に至るまで、ECのサイト構築需要は引き続き高い状態ではあります。(当時のそれぞれの数字は画像リンクよりご覧いただけます。)
rectangle_large_type_2_04f8b69d9b3b53450eab4fcb6522b82b
rectangle_large_type_2_de845bd146cfdbf752ffed27f26e24ce
rectangle_large_type_2_08683e2ea5f8c12572df6f914b6d8f53

もちろん、EC-CUBEやEC業界が順調だから良し、と思っていたわけではなく、このコロナ禍で何か事業社様をご支援できないか、そんなことを考えながらさまざま試行錯誤し、サービスの期間限定無料提供など、できるところからのご支援を行ってきています。
コロナ

7月~9月

夏になり、コロナも少し収まってきつつあった中、2010年から運用を開始した、Twitterでは2000ツイートに到達。
そして、2006年EC-CUBEが誕生してから14年を迎えました。
2000Tweet
14th

それともう一つ、重要なリリースがありました。
WebAPI正式版のリリースです。EC-CUBE2系、3系でもAPIのβ版までは出せていたものの正式版が出ることはなく、これまで来てしまいましたが、2020年の今年、ついにWebAPI正式版をリリースすることができました。
これで、EC-CUBEと外部サービスとの連携がしやすくなり、より拡張性の高いプラットフォームへ進化していけると期待しています。
API

10月~12月

2020年10月から(株)イーシーキューブは新しい期に入りました。
コロナ禍で激動の今、我々も変革していくにあたり、ここからを第2創業期と位置づけて進めていくことを決めました。
10月、11月はその表れだと考えていますが、多くのプレスリリースを出しました。

Googleさんとの取り組みや、オリコさんとの取り組み(12月からは正式に取り組み開始となっています)、DX推進アドバイザーに市谷さん就任、など、今後のEC-CUBEを語る上で、非常に大切な取り組みがスタートしています。

また、同時に過去から積み上げた実績として、EC-CUBEが月商1000万以上の店舗で利用されているプラットフォームでNo.1の称号(1000万円未満でも第2位でした)もいただき、これまで進めてきた成果を第3者機関から認定もしていたけました。
これも、EC-CUBEを共につくり、広めていただいているパートナーやコミュニティの皆様のおかげだと思います。本当にありがとうございます。

20201029_press_eccube_orico2 (1)
20201113_ichitani_2
20201120_no1_001 (1)

そして、12月には、EC-CUBEの次期バージョンのβ版EC-CUBE4.1β版もリリースいたしました。
41beta_sns_mail_press

これから、そして来年も更なる変革へ向け、新しい取り組みや、新しいプロダクトをもって進めていけることにワクワクしています。

まとめ

振り返ると色々なことを行っては来ていますが、印象としてはコロナ一色の一年だったかと思います。
そんな中、ECの需要は伸び、EC-CUBEの既存店舗様、そして、新しくたくさんの店舗様がEC-CUBEをご利用いただくことができました。
これまでやってきたことを評価もしていただき、今までもそして今年、沢山の方々のお役に立てたのではないか、そう思うと今年色々大変ではありましたが、頑張ったかいがあったかなとしみじみ思ったりしています。

そして、イーシーキューブは改めて、今からを第2創業期として進めており、来年さらに変革の年にすべく鋭意進めてまいります。
今年最後となりますが、来年も引き続き、新しいイノベーションをパートナーの方々と共に起こしていくこと、そして、EC-CUBEを使っていただいている方の安心・安全、売上UPにも貢献していきながら末永く成長をささえていけるようにすることを念頭に、精進してまいりたいと思います。

来年もよろしくお願いします!!


このEC記事につけられたタグ