世界のファッションEC 国別市場規模ランキング

[342 views]

世界のファッションEC 国別市場規模ランキング

ファッションはネットショッピングのカテゴリー中でも人気のあるジャンルです。

世間の流行、アート、デザイン、マスメディアなどにも影響を受け、私たちの生活の一部になっており、アパレル、ファッションECのジャンルでネットショップを開業する人は後を絶ちません。

今回の記事では、ファッション・アパレルECでの世界国別市場規模ランキングを見ていきたいと思います。

ファッション・アパレルの分野でネットショップ開業を考えている方、将来は自分のショップを海外にも発信していこうと考えている方などは、ぜひ参考にして下さい。

ファッション・アパレルEC 世界国別市場規模ランキング

ファッションECは、世界的にどの国でも成長が著しい分野です。以下のインフォグラフィックは、2020年現在の国別市場規模、そして2024年までの予測を表しています。

ファッション・アパレルEC 世界国別市場規模ランキング

緑のグラフが2020年現在のデータで、中国が2350億ドルで飛び抜けているのが分かります。

中国は人口インターネット利用者数のランキングでいずれも世界第一位。そして、世界第二の経済大国なので驚くことではないかもしれません。

2位のアメリカでも中国の半分以下の1120億ドル。3位のイギリスは274億、4位の日本は209億なので、その差は半端ではありません。

ネットショップで海外進出するには?

最初のインフォグラフィックを見て分かることは、世界トップ11位を見ると、英語圏の国が約半分(アメリカ、イギリス、インド、カナダ、オーストラリア)を占めているということです。

そして、下のランキングのように、アジア・太平洋地域での市場規模ランキングでも、インド、オーストラリア、香港、マレーシアなど、英語が使われている国がトップ10に入っていることが分かります。

最初のインフォグラフィックを見て分かることは、世界トップ11位を見ると、英語圏の国が約半分を占めているということです。

ランキングには入っていませんが、フィリピン、シンガポールでも英語は日常使われているため、ネットショップの英語版サイトがあると、これらの国々の人たちにも自分のショップをアピールできるでしょう。

そして、もちろん日本の隣国であり、市場規模で世界No. 1の中国も忘れることはできません。中国は、人口、インターネット利用者数の両方で世界1位の国なので、中国語でサイト運営ができれば、それだけ多くの人たちに自分のショップを知ってもらうことができます。

ファッションECで成功するには

ネットショップ成功のカギはファッションに限らず、ターゲット層を明確にするということです。

「ファッション」と漠然に言っても、その商品の種類は無限にありますし、年齢、テイスト、分野も幅広いので、まず、あるジャンルに特化することをおすすめします。

  • 女性用ビンテージジーンズ
  • かわいいイラスト付きのベビー服
  • フィットネス用スニーカー

商品の需要はあるか?

ある程度分野を絞ったら、Amazon、楽天市場などのモールサイトで、これらの分野の商品をリサーチして、需要があるかをチェックしてみましょう。

自分の扱っているカテゴリーの商品はAmazonのベストセラーに入っているでしょうか?需要のある商品でも、競争相手が多いと価格競争になります。

ショップの数が多い場合は、何かしら差別化を図れるポイントが必要です。

  • 自分の店は他のショップにない商品を扱っている
  • 自分の店は他のどの店よりも無力的な価格で商品を提供している

逆に需要が高くなくても、ニッチ的な商品で熱心なファンを集めることも可能です。その点は扱う商品次第なので、うまくバランスを取りましょう。

まとめ

今回の記事では、ファッション・アパレルECにおける世界の国々の市場規模を比較してみました。海外のマーケットも意識してサイトを運営していきたい人はぜひ参考にして下さい。

ライタープロフィール

石黒洋平
石黒洋平Printful(プリントフル)
旅行愛好家。ラトビアの自然と文化シーンに惚れ込み現在首都のリガに在住。海外の最新EC情報を日本の読者の皆さんに向けご紹介。

このEC記事につけられたタグ