【ECに関わる全ての方向け】EC-CUBEのイベント&勉強会に参加してみよう!

[322 views]

eyecatch_191202_640x450

こんにちは、EC-CUBE Advent Calendar 2019 3日目の記事となります!
今回のテーマは、EC-CUBEのイベント&勉強会についてです。

オープンソースのECサイト構築パッケージ「EC-CUBE」について、全国各地でイベントや勉強会が開催されています。

基本的に、EC-CUBEに限らず、ECに関わる様々な方が参加されますので、
「運営しているネットショップをもっと良くするための方法を知りたい」
「ECに関わる仕事をしており、関連する境遇の人と情報交換したい」
「初心者でも気軽に参加できる場所が欲しい」

という方におすすめです。

それでは、早速どんなイベント&勉強会があるか見ていきましょう。

(1)全国のEC-CUBEユーザーグループ

ユーザーグループの勉強会は月1回のペースで開催されているものが多いです。
それぞれ、Facebookグループやイベント告知ページが用意されています。

ug

■EC-CUBE東京ユーザーグループ
奇数月は初心者向け、偶数月は技術者向け勉強会を開催。
次回、12/11(水)は勉強会ではなく忘年会として予定されています。
Facebookグループ】 / 【イベント告知ページ

■EC-CUBE千葉ユーザーグループ主催「EC-CUBEカフェ」
ECサイトの運営に関わるテーマを、毎月決めて話し合っています。
直近では「ECサイトのセキュリティを考える」をテーマに開催されました。
Facebookグループ】 / 【イベント告知ページ

■EC-CUBE名古屋ユーザーグループ
毎月第1土曜日に開催し、まもなく73回目を迎えるユーザーグループです。
次回は12/7(土)、1年間のふりかえり総集編として開催です。
Facebookグループ(相談用)】 / 【Facebookグループ(告知用)】 / 【イベント告知ページ

■EC-CUBE関西ユーザグループ
基本的には毎月第3木曜日に開催されています。
12/19(木)はデザイナー、1/16(木)は初心者向けハンズオンが開催です。
Facebookグループ】 / 【イベント告知ページ

■EC-CUBE九州ユーザーグループ主催「九州EC担当者定例勉強会&交流会」
ネットショップの構築から運用まで幅広い知識の共有と、交流を目指して発足。
直近では「EC-CUBEカスタマイズ初心者向け勉強会」として開催されました。
Facebookグループ】 / 【イベント告知ページ

(2)開発者向け、デザイナー向け勉強会

ユーザーグループ主催以外のイベント・勉強会も活発に開催されています。
これまでには、開発者向けのセミナーや開発合宿、デザイナー向けにカスタマイズ方法をご紹介した登壇などがありました。
これから予定されているものとしては、以下の開発者向けハンズオンがあります。

2

■EC-CUBE4 開発者向けハンズオン
PurchaseFlowやカート・受注ステータスの拡張など、4系の購入フローのカスタマイズについて学べる開発者向けハンズオンが、12/9(火)大阪、12/13(金)東京で開催されます。
2系・3系の経験があり、4系はこれからという方もこの機にご参加ください。
イベント詳細・お申込みページ(大阪)
イベント詳細・お申込みページ(東京)

上記以外にも、EC-CUBEのイベント情報ページ公式メルマガ、twitterのハッシュタグ#eccube、slackのeccubeのチャンネルで情報発信されていますので、チェックしてみてください。

(3)ネットワーキングイベント

■EC-CUBEパートナー新年会2020
個性豊かなEC-CUBEの関係者同士がつながって、より共創できる仲間作りを目的としたネットワーキングイベントが、1/23(木)東京で開催されます。
参加者にはFacebookグループご招待や、パーティ前に交流できる仕組みも企画中で、イベント冒頭には、新しい「EC-CUBEパートナー制度」も発表が予定されています。

対象:EC-CUBEを使ったサイト制作、プラグイン開発、ECサイト運用のコンサルやマーケティング支援をされている方々、その他の協業パートナーの方々。
※EC-CUBEのパートナー制度への登録がまだの方も参加いただけます。

まだネットワーキングイベントに参加したことがない方も、新しいパートナー制度が発表されるこの機会にどうぞご参加ください。
イベント詳細・お申込みページ

(4)EC-CUBEのイベントや勉強会を企画したい方へ

other

「ユーザーグループで話してみたい」という方は、実際にユーザーグループに足をお運びいただき、直接ご相談ください。
お近くにユーザーグループがない場合や、ユーザーグループ以外の場所でも発信したい場合には、直接企画いただき、twitterのハッシュタグ#eccube、slackのeccubeのチャンネルで情報発信いただければ、EC-CUBE公式アカウントでも随時、内容を確認させていただきます。

その他にも、EC-CUBE DAYのようなイベントに一緒に関わりたい方や、EC-CUBEでやってみたいことがある方も募集中です。是非、ユーザーグループなどのリアルの場や、上記のチャンネルなどで声を上げていただければと思います。
一緒にEC-CUBEを盛り上げていきましょう!


このEC記事につけられたタグ